46-02

ロフトを設置しているケース

覚えておきたいのは、小学生になったばかりの年齢で、完全な独立空間である個室を与えてしまうのは早過ぎではないでしょうか。子供部屋というのは、勉強部屋として使用することがメインとなりますが、子供にとりましては、親の目のつかないところで自由に遊ぶことの出来る快適な場所となります。

ロフトを設置しているケースが最近の住宅環境には多くなっています。そもそもロフトというのは、床と天井の間にある空き空間を有効的に活用することの出来るスペースのことであり、部屋数を増やしたり、収納スペースとしてもロフトを設置することによって利用をすることが出来るようになります。

このロフトが設置してあるだけで、「ワンルーム+留」という居住空間ができ、限られた生活スペースを広げることを可能にしているのです。お子様が小学校に通学をする年齢になってきますと、徐々に自我が芽生え始め、お子様が求めている場所の領域も広くなります。

この年代というのは基本的に、家族と一緒に生活をすることが切っての大切なことであり、それにより、自然と社会生活の基礎を学び感じることの出来る環境作りを提供してあげることが大切です。最近では一般住宅だけに限ったことではなく、集合住宅であるマンションやアパートにも「ロフト付き」と宣伝をしている物件が多く、人気物件となっています。

遊ぶために学校の友達などを呼ぶこともあるでしょうから、他人のお子さんに安心して遊んでもらうことが出来るように、親の目の届く範囲で、適度な広さのある部屋がどれよりも理想的と言えるかもしれません。


関連記事


おすすめ記事